事業案内

事業内容Business

土木工事業
土木工事業

掘削・埋立などの大型重機土工、道路改良工事、公共下水面整備、そして舗装にいたるまで、大型から小型の自社機械、自社ダンプを使用しての土木工事を手がけております。又、愛知県及び北名古屋市との防災協定を結び、緊急災害時に自社機械、自社ダンプを使用しての対応がいつでも出来るように準備しております。

改良土販売
改良土販売

掘削土砂を受け入れ、生石灰を混ぜる事により粒度及び含水比を調整して良質な改良土を作り出し、水道・下水の埋戻しに使用して頂くことで掘削残土のリサイクルに努めております。地域的には、北名古屋市、清須市、豊山町、そして名古屋市西区、北区と広範囲に及んでおります。
特に名古屋市の改良土認定業者となっておりますことにより品質には絶対の信頼がおかれています。

生コン製造・販売
生コン製造・販売

生コン工場は、江南市鴨ヶ池の木曽川河川敷に位置しております。
江南市、一宮市、小牧市、犬山市、扶桑町、大口町など、概ね15Km圏内をテリトリーとしております。JIS規格を持ち、確固たる品質の製品をお客様の指定した時間に供給致します。

一般貨物輸送業
一般貨物輸送業

当社のダンプトラック(10t、4t、3t、2t)は全て、営業ナンバーを有し自社のみでなく他社からの要望にもお答えできるようにしております。運行管理者を置き、日々の運送に対し、安全でお客様が安心できる事業運営を徹底しております。

警備業
警備業

公共事業などのインフラ整備を含めた大規模開発の土木工事など、あらゆる建設現場で必要とされる警備業務です。通行人の安全確保や大型工事車両の誘導など、一つひとつの動作に、わかりやすい明確な対応が求められます。警備業については「警備業法」という法律でいろいろなことが定められているため、法定研修はもちろん社内研修などで鋭意スキルアップを図り質の高い警備員を提供いたしております。

グローバル業
グローバル業

リサイクル事業部 改良土センターのご紹介Recyle

改良土とは

新しい街づくり、新しい都市づくりを目指して推進される様々な建設プロジェクトがあり、
その過程で発生する建設副産物は一部の不法投棄により周辺の環境に悪影響を与える為、深刻な社会問題となっています。
この建設副産物のうち最も多い掘削残土を改良し、良質土に再生したものが改良土です。

改良土の用途

公共下水埋戻し材 / 構造物の埋戻し材 / 地盤改良 / 道路路体 / 裏込め材 / 堤防 / 宅地造成 / 公園造成 など

改良土の特徴

当センターの画期的な土質改良システムは、最新の技術を駆使し、困難といわれる粘性土さえ改良して良質土に再生します。 これからの街づくり、都市づくりを支える新しいリサイクル施設として、21世紀の環境保全・省資源に大きく役立てていきます。

石灰系固化材混合による土質改良効果

石灰による安定処理工法は、土を化学反応の相手として利用し、石灰によって粘土鉱物に組成を変化、土の物質を改良するものです。

水和石灰

生石灰と水が反応し消石灰となるとともに、反応熱により水の蒸発が促進され、それに伴い含水比を下げます。

イオン交換反応

生石灰のカルシウムイオンが粘土表面に吸着することにより、粘土粒子が団粒化して土を締め固めやすくします。

ポラゾン反応

生石灰と土中の粘土鉱物が長期にわたって化学反応を起こし、アルミン酸カルシウム・ケイ酸カルシウム等の化合物を生じ、これが結合材となり土の強度を増大させます。

炭酸化反応

生石灰の一部が土中に含まれる炭酸または炭酸ガスとして反応して、炭酸カルシウムとなって土の強度を増大させます。

リサイクル事業部改良土センターの特徴
改良土を作っています!

現場から発生した発生土に固化材を加えることにより…

環境対策を考慮した無公害プラント

環境を考慮し騒音・振動・粉塵などの公害に十分な対策を施した無公害の改良施設です。

自動計量による安定した品質

最新の自動計量システムにより、品質のばらつきのない安定した製品です。

改良土ができるまでの流れ
  1. 建設副産物として現場より発生した「発生土」をストックヤードに集積。
  2. 固化材サイロより、土質改良材である石灰系固化材を改良機に自動計量供給。
  3. 改良機に発生土は投入され、石灰系固化材との混合(コンピューターによるばらつきのない品質)により、
    水和石灰・イオン交換反応・ポラゾン反応・炭酸化反応等の土質改良がうながされる。
  4. 養生期間を置き土質改良効果発揮後、最終選別し製品へ。